NEWS

2014.6.23

7/14(月) 池上彰教授とパックン先生のワークショップの開催のお知らせ

*このイベントは終了しました

東工大国際部留学生交流課主催のワークショップにて当センターの池上彰教授、パトリックハーラン非常勤講師が進行を努めます。学生のみなさん、是非ご参加ください!
以下の詳細↓

【キャンパス・アジア・サマープログラムによる池上彰先生・パックン先生ワークショップ】
「Sharing Asia : アジア環境問題の解決」開催について

本学では、文部科学省補助事業「大学の世界展開力強化事業」の採択を受けて、日中韓による”TKT CAMPUS Asia Consortium”を推進しており、夏には中国・清華大学、韓国・KAISTの学生を受け入れ、サマープログラムを実施しています。
この度、キャンパス・アジア・サマープログラムの一環として、下記の通り本学リベラルアーツセンター教授 池上彰先生と、同じくリベラルアーツセンター講師パトリック・ハーラン先生によるワークショップ、”Sharing Asia:アジア環境問題の解決”を開催します。

ワークショップは、池上先生、パックン先生が、アジア、特に中国、韓国、日本が抱えている問題や現状を、「環境」を切り口に、アジアからの留学生、東工大生とのディスカッションを通して打開策や未来像の展望を探ることを目的としています。
つきましては、リベラルアーツ履修登録者の皆さんにもぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
当日は会場との意見交換の時間を多く作っていますので、皆さんの積極的な発言で実り多いワークショップとなることを期待しています。

○日時:2014年7月14日(月)午後3時~5時(受付開始午後2時30分)
○場所:大岡山キャンパス 西9号館デジタル多目的ホール
○言語:日本語/英語 (同時通訳あり)
○参加方法:件名を「キャンパスアジアワークショップ参加(リベラルアーツ)」とし、名前、所属、学年を明記の上、campusasia@jim.titech.ac.jpまでメールにて申込むこと
(申込み多数の場合は先着順となり、予定より早く締め切る場合があります。)
○締切:6月25日(水)
○注意:授業と重なっている場合は授業を優先すること

問い合せ先:
国際部留学生交流課事業推進グループ
担当:岩崎(内線:2984)campusasia@jim.titech.ac.jp

2014.6.3

佐渡の環境保全を学ぶワークショップ 9/12~15

*このイベントは終了しました

2014年夏、リベラルアーツセンターでは 大自然の中で環境保護を学び

仲間とのコミュニケーションを深める合宿型のワークショップを開催します。

是非ご参加ください!

<概要>

佐渡には雄大な自然があります。その自然を生かして、さまざまな環境事業が行われています。

環境省が中心となり、自治体や地域の人びとと連携して進めているトキの野生復帰事業は、身近な環境の保全を展開する大きなきっかけとなりました。自然と文化が豊かな地域をつくるために、地域住民、NPO、行政機関などが、田んぼ、河川、湖沼などの保全に取り組んでいます。ただし、課題も多くあります。研修では、環境保全や地域づくりの活動に参加し、持続可能な国土の保全に向けて何が課題となっているのか、わたしたち一人ひとりに何ができるのかなどを、実体験を通して考えます。

<スケジュール>

●ガイダンス  *3回ともご参加ください

1回目   7月 7日 (月)午後12:30~13:15

2回目   7月9日 (水)午後12:30~13:15

3回目   9月11日(木)午前10:00~12:00

宿泊を伴うワークショップ

9月12日(金)、13日(土)、14日(日)

<応募条件>

・東工大生(学部1〜3年生推奨)約5名、

・プログラム参加者は、原則として、すべてのプロセスに参加できること

・仲間とのコミュニケーションを大切にし、思いやりをもって行動できること

<参加費> 10,000円

<申込締切> 2014年6月25日(金)12:00

<応募先>

東工大リベラルアーツセンター E-mail: office@liberal.titech.ac.jp Tel: 03-5734-3782

氏名・学科・学年・連絡先(電話、メールアドレスなど確実に連絡が取れる先)を明記のこと。

<実施体制>

指導:リベラルアーツセンター長・桑子敏雄教授

協力:豊田光世先生

Copyright © 2013 Tokyo Institute of Technology. All rights reserved.